ニュース
» 2021年10月01日 09時00分 公開

タレントマネジメントとは? 人事システムとの違いやジョブ型人事制度との関係を解説

タレントマネジメントは従業員の離職を防ぎ、人材の利活用効率を向上させる取り組みとして注目されている。雇用環境の変化に適応して人材の特性やスキルを戦略的に活用し、企業の生産性を高められる。

[キーマンズネット]

サマリー

  • タレントマネジメントはなぜ必要なのか
  • タレントマネジメントシステムの機能と選定ポイント
  • 人事システムとの違い、関連用語

 タレントマネジメントとは、従業員の特性やスキルが最大限発揮できるよう、戦略的な育成や配置をする人材管理手法を指す。

 従来、日本企業の人材育成計画は新卒一括採用と終身雇用を前提としており、主にジョブローテーションを中心とした柔軟な人員配置によるジェネラリストの育成を目的としてきた。中途採用人材の育成や個人の適性を考慮した人員配置は体系化されておらず、例えば技術職として採用された人材が営業職へ異動するといった事例は珍しくない。

 近年、労働人口の減少や就労形態の多様化を背景に人材の流動性が上がり、従業員の離職やモチベーションの低下による組織の生産性低下が課題として顕在化した。そこで、自社の人材を効率的に育成し、活用するための手法としてタレントマネジメントが注目されている。

タレントマネジメントはなぜ必要なのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。