特集
» 2021年10月06日 07時00分 公開

多忙な現場がロボットの8割を開発、コロナ禍でフジテックが実践したこと

多忙な状況にもかかわらず、ロボットの87%を現場で内製しているというフジテック。コロナ禍でどのような工夫をしたのか。

[元廣妙子,キーマンズネット]

 RPA(Robotic Process Automation)の導入企業からは、「費用対効果が見込める業務がない」「現場の小粒な業務を自動化しても、費用対効果が合わない」といった声が聞かれる。一方で製造業のフジテックは、現場の“小粒”な業務の自動化を積み重ねることにより、RPAの導入から約1年半で年間7280時間の業務削減を達成した。

 現在は昇降機の事業部門を中心に23部門で68ロボットが稼働しているが、驚くべきはその87%を事業部門のメンバーが開発しているということだ。多忙な現場のメンバーが外部のコンサルタントの力を頼らず自力でRPAのロボットを開発するのは困難なようにも思えるが、どのような工夫をし、開発に無縁の従業員をどう教育したのか。また導入プロジェクトの最中に襲ったコロナ禍にどう対応したのか。フジテックの友岡賢二氏(常務執行役員 デジタルイノベーション本部)と山本健治氏(デジタルイノベーション本部 プロセス管理部 部長)が取り組みの内容を語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。