メディア
ニュース
» 2021年11月11日 13時16分 公開

2022年のIT業界動向展望、3割の組織で起きる“さよなら上司”とは?

ガートナーは2022年以降のIT部門とユーザーに影響を与える展望を発表した

[キーマンズネット]

 ガートナージャパン(以下、ガートナー)は2021年11月11日、2022年以降のIT動向のヒントとなる「重要な戦略的展望」を発表した。同発表はグローバルで同年10月19日に公開したものだ。

2022年以降の戦略的展望トップ10(出展:ガートナーのWebサイト)

5億人がチャンスを手に入れ、3割のチームに上司がいない世界

 ガートナーが発表した展望のトップ10と重要な指標は以下となる。

データ……2025年、70%

 2025年までに、シンセティック・データ(AI技術を用いて生成された合成データ)の成熟によって顧客の個人データの収集が減少し、プライバシー侵害制裁措置の70%が削減される。

 合成データは、実際のデータの代理として機能するためセンシティブな情報の収集や使用、共有の頻度を下げ、AIによる未来予測に寄与する。

追跡……2024年、40%

 2024年までに、消費者の40%は、収集された自身の個人データの価値を意図的に下げて収益化を困難にするために、行動追跡指標の裏をかくようになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。