メディア
ニュース
» 2022年01月21日 07時00分 公開

安否確認サービスとは? メリットやデメリット、主要サービスを解説

災害時に従業員の状況を素早く把握して事業の継続や不要なリスクの回避を支援する。東京都内の企業を中心に導入が推奨されるが普及率は高くない。

[キーマンズネット]
  • 安否確認サービスで何ができるのか
  • 安否確認サービスの普及率
  • 安否確認サービスのメリット/デメリット
  • 主要サービス6つ

 安否確認サービスは、災害などの発生時に従業員やその家族の安否情報を自動で収集する。収集した情報はマネジャーや経営者に集約され、従業員の安全確保や事業継続の判断などに活用される。

 自然災害や感染症の流行などによる事業の停止やサプライチェーンの分断を契機に注目されるようになったBCP(Business Continuity Planning|事業継続計画)ニーズに応えるものとして、コミュニケーションツールのベンダーなどがサービスを展開している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。