メディア
特集
» 2022年02月03日 09時00分 公開

リモートアクセス環境の整備状況(2022年)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、企業はリモートワークの対応を余儀なくされてきた。整備状況を調査したアンケート結果では、リモート接続環境に対する従業員の不満が浮き彫りになった。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2022年1月6日〜1月11日にわたり「デスクトップ仮想化の利用状況」に関する調査を実施した。アンケート結果を基に、本稿は社内環境へのリモート接続の頻度や手段、リモート環境に対する満足度などを明らかにする。

 調査では、全体の約8割の回答者がリモート接続をする体制にあるが、企業によって環境の整備状況にバラつきがあると分かった。またリモート接続をする回答者の半数以上が「さまざまなトラブル」によってアクセス環境に不満を抱いている。

テレワークの現在地 中小企業の対応は?

 新型コロナウイルスの影響で、企業はテレワークへの対応を余儀なくされてきた。2020年5月の緊急事態宣言が発令されてから約2年がたとうとしているが、テレワークはどれほど普及したのだろうか。

 通常業務において自宅やサテライトオフィスなど社外から社内環境にリモート接続する機会の有無を尋ねたところ、「常にある」(51.1%)、「時々ある」(32.3%)、「全くない」(16.6%)という結果が出た。「常にある」と「時々ある」を合わせて全体の83.4%が何らかの形でテレワークを実施していると分かる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。