ニュース
» 2021年05月27日 07時00分 公開

リモートアクセス環境の整備状況(2021年)/後編

業務のリモート化が進む中で、リモート環境による働きにくさ、不便、不満の声も聞かれる。リモート環境下で業務を進める従業員はどういうところに、ストレスを感じているのか。アンケート回答から、3つの不満ポイントが見えてきた。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2021年4月16日〜5月7日にわたり「リモートアクセス環境の整備状況」に関するアンケート調査を実施した。調査結果から得られた回答を基に後編では、今利用しているリモート接続環境の「満足度」と「不満に感じるポイント」、リモート接続ツールの「リプレース予定」や「リプレース理由」などを紹介する。

 全回答者数267人のうち、情報システム部門が30.7%、製造・生産部門が15.4%、営業/営業企画・販売/販売促進部門が15.3%、総務・人事部門が10.9%、経営者・経営企画部門が7.8%といった内訳であった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

今後リモート環境を整備予定が3割弱、その施策とは

 前編では、自宅やサテライトオフィスなど社外から社内環境にリモート接続する機会の有無や、社内環境への主なリモート接続手段、リモート接続時のセキュリティ被害経験の有無と被害内容について、アンケート回答を基に現状と傾向を解説した。

 業務におけるリモート接続機会の有無については、企業規模別に見るとばらつきがあり、従業員数100人以下の中小企業においては、状況を見ながらオフィス通勤とテレワークの切り替えを判断しながら業務を継続している様子がうかがえた。

 前編では業務のリモート化の状況を概観したが、後編では、リモート接続環境の不満と課題を掘り下げ、従業員がリモート環境に不満を感じる3つのポイントについて解説する。

 まず、前編で取り上げた質問項目において、業務でリモート接続する機会が「全くない」とした人を対象に、今後、リモートアクセス環境を整備する予定があるかどうかを尋ねた。その結果「予定はない」が63.3%で最も高く、「検討中」が20.4%、「予定がある」は6.1%にとどまった。

 2021年に入って緊急事態宣言の再発令や延長が繰り返される不安定な状況を受けてか、リモート接続機会が「全くない」としながらも、そのうちの3割弱がリモートアクセス環境の整備を予定、検討していると回答した(図1)。

図1 今後のリモートアクセス環境の整備予定(リモートワーク接続機会が「全くない」とした人を対象)(n=49)

 この項目に関連して「検討中」「予定がある」と回答した人に対して、具体的にどのようなツールを検討しているかを聞いたところ、「リモートデスクトップとSSL VPNとを検討中」「セキュアLTE」といった意見が挙がり、VDIなどと比較して短期間かつ低コストで実現できる施策が検討されやすい傾向にある。

リモート環境の不満は中堅〜大企業に集中? 3つの不満ポイント

 次に、現在リモート接続での業務機会がある人に対して、接続環境に対する満足度を尋ねた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。