メディア
特集
» 2022年03月18日 10時00分 公開

Windows Server 2012サポート終了への対策状況(2022年)/前編

「Windows Server 2012/2012 R2」延長サポート終了の2023年10月が近づいている。キーマンズネット編集部は読者アンケートを実施し対応状況を聞いた。前編となる本記事では、OSの移行状況や移行先のインフラ基盤、その選定理由などを読み解く。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2022年2月18日〜3月4日にわたり「Windows Server 2012/2012 R2のサポート終了に関する意識調査」を実施した。全回答者数220人のうち情報システム部門が42.3%、営業/営業企画・販売/販売促進部門が15.0%、製造・生産部門が14.1%、経営者・経営企画部門が5.4%と続いた。

調査インデックス

  • 意外と把握していない、業務システムのサポート終了時期
  • Windows Server 2012サポート終了まで1年半、移行計画の進捗状況は
  • 移行先インフラ基盤は、Windows Server 2008 EOS時と大きく異なる結果に

 2023年10月の「Windows Server 2012/2012 R2」延長サポート終了を前に、「利用しているWindows Server製品のバージョン」や「移行の進捗状況」「移行前後のインフラ基盤」など、企業の対策状況を調査した。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があり、事前にご了承いただきたい。

利用中の業務システムの“サポート終了”時期の認知度は?

 「Windows Server 2012/2012 R2」の延長サポート終了を2023年10月に控える。残り1年半を“余裕”と捉えるか“切迫”と感じるか、自社の取り組み状況にもよるところも大きいだろう。

 そこで、利用中の業務システムのアプリケーションやサーバOSのサポート終了時期についての認知度を調査したところ、全体の34.1%が「知らない」と回答する結果となった(図1)。

図1:利用中のアプリケーションやサーバOSのサポート終了時期の認知度

 一方、自社で何らかのWindows Server OS搭載の製品を利用している企業は全体の92.4%と大多数を占めており、こと日本市場においてWindowsを利用する企業割合が高い状況が続いている(図2)。

 中でもWindows Server 2012/2012 R2の利用率は合わせて33.7%と最も高い割合を示している。自社が利用しているシステムのサポート終了時期を認識できていない企業は注意が必要だ。また、既にサポートが終了しているWindows Server 2000〜2008 R2製品が5.2%残っている状況も見て取れた。

図2:利用しているWindows Server製品のバージョン

 次に、OSの移行計画の進捗状況や移行先のインフラ、その選定理由を見ていく。クラウドファーストでインフラを選択する企業は増えているが、キーマンズネット読者の企業はどうだろうか。

延長サポート終了まで残1年半……移行計画の“進捗”は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。