ニュース
» 2021年10月21日 07時00分 公開

IT資産管理ツールの導入状況(2021年)/前編

今後、従業員が各所に分散した働き方がさらに進めば、PCなどの端末管理手法も働き方に合った最適な方法を考えなければならない。それを支援するツールの一つにIT資産管理ツールがある。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは、2021年9月27日〜10月15日にわたって「IT資産管理ツール」に関するアンケートを実施した。前回の同様の調査(実施期間:2019年3月27日〜4月18日)では、「Windows 7」のサポート終了が迫り「Windows 10」へ移行せざるを得ない時期だったこともあり、IT資産管理ツールの導入目的として「Windows 10のアップデート管理」が約3割を占めた。

 対して今回のアンケートは「Windows 11」のリリース前後の時期に実施した。アプリやシステムの互換性確認などで、当面は多くの企業がWindows 10を使い続けると予想されるが、新OSのリリースといった大きなイベントがあった中で、IT資産管理の導入状況に変化は見られたのだろうか。

 前編では、IT資産管理ツールの導入状況を概観するとともに、導入目的とツール導入で重視するポイントなどを2019年の調査結果と比較する形で分析する。全回答者数225人のうち、情報システム部門が32.0%、製造・生産部門と営業・販売部門が同率で16.4%、経営者・経営企画部門が8.0%などと続く内訳であった。グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

IT資産管理ツールの多数派はパッケージか、SaaSか

 最初に、IT資産管理ツールの導入状況から見てみよう。リプレースの有無に関係なく「既に導入済みである」とした人は59.5%で、リプレースを含め「導入を検討している」が8.9%、「必要性を感じない」が17.4%だった(図1)。

図1 IT資産管理ツールの導入状況(n=224)

 「導入している」と回答した人の割合を従業員規模別で見ると、5001人以上の企業に属する人が80.4%、51〜100人以下の企業に属する人が44.5%となり、大きな差をつける結果となった。IT資産管理ツールが必要となる一つの基準と考えられそうだ。

 ツールの利用形態は「パッケージソフトウェア」が51.9%、「SaaS(Software as a Service)」が18.2%、「検討中、分からない」が29.9%で、2019年4月に実施した調査と比較するとパッケージ型が14.8ポイント減少し、SaaS型が増加傾向にある(図2)。特に5001人以上の企業では、パッケージ型が32.6%に対し、SaaS型が25.6%と拮抗(きっこう)するところまでとなっている。

図2 IT資産管理ツールの利用形態(n=154)

相次ぐ“大イベント” ツール導入目的に変化はあったか?

 IT資産管理ツールの導入、利用目的の一つに、OSのアップデート管理がある。2021年10月5日(日本時間)にWindows 11がリリースされたが、年2回だった大型アップデートが年1回に変更になった。アップデートサイクルは変更になったものの、Windows端末のアップデート管理は引き続き必要になってきそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。