メディア
ニュース
» 2022年03月28日 15時55分 公開

約8割の企業が稟議に悩み アンケートから分かる“アナログ稟議の闇”

エイトレッドは、従業員数100人以上の会社で過去半年以内に3回以上稟議を起案した109人に、「稟議書に関する実態調査」を実施した。アンケートの結果から、「アナログ申請フローで稟議書が紛失した」など、企業の悩みが明らかになった。

[キーマンズネット]

 業務手続きの電子化システム(ワークフローシステム)を提供するエイトレッドは、従業員数100人以上の会社で過去半年以内に3回以上稟議(りんぎ)を起案した人109人に対し、「稟議書」に関する実態調査を実施した。

稟議状況の確認

 まず、「Q1.あなたが、申請したことのある稟議の種類を教えてください」(複数回答可)と尋ねた項目では、「物品購入稟議」が66.1%、「出張稟議」が50.5%、「契約稟議」が47.7%という回答になった。

図1 「Q1.あなたが、申請したことのある稟議の種類を教えてください」(出典:エイトレッドのリリース)

 次に、「Q2.あなたがお勤めの企業の稟議をどのような形式ですか」という質問項目では、「ワークフローシステム」が41.3%、「Word、Excelに記入、印刷して申請」が37.6%という結果になった。

図2 「Q2.あなたがお勤めの企業では、稟議をどのような形式で行っていますか」(出典:エイトレッドのリリース)

 また、「Q3.稟議を申請してから承認(決裁)されるまでにかかる、平均日数を教えてください」という質問項目では、「1日未満」が4.6%、「1日以上3日未満」が37.6%だった。

図3 「Q3.お勤め先で、稟議を申請してから承認(決裁)されるまでにかかる、平均日数を教えてください」(出典:エイトレッドのリリース)

 ここまで企業における稟議の大まかな内容を確認した。以降では、約8割が抱える稟議や申請フローの「具体的な悩み」を見ていく。

 寄せられた回答では「いまだに紙書類を承認者の机上に置いて稟議を重ねている」「稟議書がどこを回っているのか分からなく、紛失していたことがある」といった悲惨な実態が明らかになった。

稟議や申請フローに関する悩みはなに?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。