メディア
ニュース
» 2022年04月22日 07時00分 公開

NFT(非代替性トークン)とは? 仮想通貨との違い、ブロックチェーンやデジタルアートとの関係を解説

新しいマーケットへの期待から新規参入が相次ぐ。デジタルアートの高額販売が話題になり、投機的な取引も過熱している。

[キーマンズネット]
  • NFTの仕組みと注目の背景
  • NFTでできること、できないこと
  • NFTの取引事例
  • 関連用語

 NFT(non-fungible token:非代替性トークン)とは、ブロックチェーンを用いて記録される非代替性のデータ単位で、一般的にアート作品などのデジタルデータとひも付けて売買される。LINEや松竹、スターバックス、ルイ・ヴィトンなど、さまざまな分野からの市場参入が相次ぐ。

NFTの仕組みと注目の背景

 NFTはブロックチェーン技術を利用して発行や取引の履歴を保存し、複製や偽証を実質的に不可能にしたデジタルデータだ。暗号通貨(仮想通貨)や現金通貨のような”代替性”を持たないため「通貨によって売買される取引対象」となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。