メディア
特集
» 2022年04月27日 10時00分 公開

AI契約書レビューサービスをどう選ぶ? 機能と選定ポイント、利用の注意点

企業が取り交わす契約書に潜むリスクを特定して修正を補佐し、品質の高い契約書の作成をサポートする「AI契約書レビューサービス」。一人法務から大企業の法務部門まで、それぞれが抱える課題の解決を支援する。サービスの特徴と主な機能、製品選定時のポイント、活用メリットなどを紹介する。

[名須川竜太,キーマンズネット]

 企業活動では、組織と人との間でさまざまな契約が発生する。その内容を明文化した契約書のレビュー(審査)は、各社の法務担当者の重要な業務の一つだ。これまでは過去の契約書や資料などを参照しながら担当者が知識と経験を頼りにレビューするのが一般的だったが、「レビューに時間がかかる」「人によってレビューの質にバラつきがある」「見落としのリスクがある」「知識やノウハウの共有が難しい」といった課題があった。この課題を解決するソリューションとして普及しつつあるのがAI契約書レビューサービスだ。

 本稿では、契約書のレビューに課題を抱く企業に向けて、AI契約書レビューサービスの概要と主な機能、製品選定時のポイント、活用メリットなどを紹介する。「LegalForce」を提供する株式会社LegalForceの村田隆裕氏(リードプロダクトマネージャー)、野々上諒一氏(カスタマーサクセス部 部長)、小川陽祐氏(同 課長)に聞いた。

■記事内目次

  • 契約書レビューの課題とAI契約書レビューサービスの概要
  • AI契約書レビューサービスの主な機能と選定ポイント
    • レビュー機能はリスク指摘、対応類型の充実度がポイント
    • リサーチ機能も効率化の鍵。キーワード検索で類似条文を素早く抽出
    • 編集機能はWordアドインで提供
    • ナレッジ共有機能で改定履歴や過去の経緯を共有
    • 外部システム連携、レビュー受付・進捗管理などの機能も
  • AI契約書レビューサービスのセキュリティにおける注意点
  • AI契約書レビューサービス運用の注意点
  • AI契約書レビューサービスの利用料金
  • 事例「レビュー時間を67%削減」

契約書レビューの課題とAI契約書レビューサービスの概要

 AI契約書レビューサービスとは、文字通りAIが契約書のレビューを支援するサービスだ。AIによる文書解析は発展が著しい分野であり、様式や内容がある程度パターン化された契約書は恩恵を受けやすい。サービスの導入社数は急速に拡大しており、LegalForceの場合、2019年のサービス提供開始から3年余りで約2000の企業や法律事務所に利用されている。業種に偏りはなく、規模も大手から中堅・中小、スタートアップ企業までさまざまだ。

 導入社数が伸びている背景には、契約書レビューに関して企業が長年抱える課題がある。

 1つは効率化だ。契約書のレビューでは「自社に不利な内容になっていないか」「過去の契約とどこが異なるのか」「業界の規制に準じているか」といったチェックに多くの時間がかかる。LegalForceが一部の顧客にヒアリングしたところ、法務部員の業務時間の半分以上を契約書のレビューに費やしているという回答が大半を占めた。人手不足が深刻化する中、レビューをいかに効率的に行うかが喫緊の課題となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。