メディア
ニュース
» 2022年04月25日 15時00分 公開

DXどころじゃない……疲弊する中小企業向けにデルが新たなPC運用サービス提供

デル・テクノロジーズは人材不足が深刻な中堅・中小企業のPC運用負荷を軽減するために新たなサービス「ゼロタッチPC for SMB」を提供する。

[キーマンズネット]

 デル・テクノロジーズは、中堅・中小企業にとって積年の課題であるPC運用負荷を軽減するため、新たに「ゼロタッチPC for SMB」の提供を開始した。

 同社が実施した「中堅中小企業IT投資動向調査2022」によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行以降も中堅・中小企業におけるデジタル化の進捗(しんちょく)は限定的で、IT部門の業務負荷は高止まりを続け、現状の業務が足かせとなって事業変革に着手できていない状況が浮き彫りになったという。中でも、クライアントPCの購買や利用に関わる業務負荷は最も高く、ゼロタッチPC for SMBはその課題を解決しDX(デジタルトランスフォーメーション)へのリソースシフト支援を目的としている。

5つの製品・サービスで一人情シスを支援

ゼロタッチPCモデルとは(出典:デル・テクノロジーズのプレスリリース)

 ゼロタッチPC for SMBは、日本マイクロソフトの「Microsoft 365」に加え、デル・テクノロジーズが提供するPC即納モデル、ゼロタッチPC立ち上げサービス、ゼロタッチPC運用サービス、PC廃棄サービスの5つを一体としたトータルサービスで、詳細は次の通りだ。

Microsoft 365

 Officeアプリとクラウドサービス、セキュリティをまとめたソリューション。「Microsoft Intune」と「Windows Autopilot」で新規PCの導入と展開作業の省力化やデバイスとアプリケーション管理における高い生産性を維持できる。

クライアントPC

 デル・テクノロジーズが提供するクライアントPC(ノートブック、デスクトップ)の即納モデルで、「Windows 10」または「Windows 11」がプリインストールされる。サービス開始時には、以下の5つからデバイスを選択可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。