メディア
特集
» 2022年04月26日 15時47分 公開

三菱マテリアル、ジオテクノロジーズも推進、UiPathの「Fully Automated Enterprise」とは

RPAが普及期に入り、DXの一要素として全社的な業務の自動化を推進する企業も現れた。ユーザーは今、どのようにRPA活用を深化させることが正解なのか。UiPathの2023年度の事業戦略説明会でそのヒントが語られた。

[元廣妙子,キーマンズネット]

 幻滅期の底を脱して普及期に移ったとされるRPA(Robotic Process Automation)。「期待はずれ」に終わる企業がある一方で、RPAで小規模な自動化に成功した企業がより広範な業務を自動化する「ハイパーオートメーション」を目指す企業もある。ベンダー各社も戦略を次のフェーズに進め、RPAに閉じないさまざまな自動化製品の拡充に努めている。

 こうした潮流の中で、ユーザーは今どのようにRPA活用を進め、深化させるべきなのか。UiPathの2023年度の事業戦略説明会で語られた方針と事例にヒントが隠されていた。

3つの製品が実現するFully Automated Enterprise

 UiPathは2022年4月19日、2023年度の事業戦略を発表した。鈴木正敏氏(UiPath取締役最高収益責任者)は同社2023年度の方針として「Fully Automated Enterpriseの推進」「業種別取り組みの強化」「顧客満足度のさらなる向上」「デジタル人材育成の推進」「パートナーエコシステムのさらなる強化」の5つを挙げた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。