メディア
ニュース
» 2022年05月10日 09時15分 公開

悲嘆に暮れるZ世代――彼らが“渇望していること”とは?

Z世代は、ハイブリッドな労働環境でのキャリアに幻滅しているとLHHはレポートで報告した。彼らは、ミレニアル世代、X世代、ベビーブーマー世代よりも、あることを強く求めている傾向にあるという。

[キーマンズネット]
HR Dive

 LLHHは、米国、英国およびフランスの2000人を対象に、「転職」「リーダーシップ」「リスキル」に関する調査を実施した。LHHの調査では、Z世代の半数以上が「仕事に対して特に不安を感じている」と回答し、34%が「自分のスキルセットは職場で使えない」と述べた。さらにZ世代回答者の33%が「キャリアアップは自分ではどうにもならない」と感じているという。

 LHHのレポートは、Z世代について「彼らは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)蔓延時のハイブリッドな労働環境でキャリアをスタートさせた結果、いま最も幻滅している。自分でキャリアをコントロールできないと感じており、将来に対する悲観的な見通しが、自信を低下させている」と追記している。

 調査はさらに、Z世代の回答者の34%が「同僚とうまくいっていない」と告白し、回答者の3人に1人が「年上の人と比べて自分の声が届いていないように感じている」と答えたことも明らかにした。

 Z世代に関するこの分析結果(dismal analysis)は、Z世代の悲観論を裏付けるものだ。この年齢層の厳しい現状(arguably bleak present)と不確かな未来の仕事に対する態度は、過去の調査結果とも一致している。Z世代が"渇望していること"とは。

© Industry Dive. All rights reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。