メディア
ニュース
» 2022年05月17日 10時00分 公開

やってるつもりの“自己満上司”に伝えたい部下の本当の気持ち

ワークシフトが進み部下の働きぶりが見えなくなったことで、管理職はストレスを感じ始めているという。これからの上司に求められるスキルとは。

[Kathryn Moody,HR Dive]
HR Dive

 Microsoftが2022年3月16日に発表した「Work Trend Index」レポートによると、第一線に立つ管理職は、「会社が従業員の期待に応えられておらず、困難な立場に置かれている」(注1)と答えたという。さらに、調査対象の管理職のうち74%が「自分のチームに変化をもたらす影響力やリソースを持っていない」と回答した。

 それらの課題の一例を挙げると、ハイブリッドワークで働く従業員の38%が「いつ、何のために」オフィスに出社するのかが最大の課題だとした。それを定義したリームリーダーはわずか28%だった。

 Microsoftはこのレポートの中で、「オフィスワークだけに頼るわけにはいかない」と述べる。注目すべきは、調査対象となったハイブリッドワーカーの半数以上が、「今後1年間で完全にテレワークに移行する」と回答したことだ。

「思っているほど役に立っていない」上司との深い溝

 多くの企業でテレワークやハイブリッドワークが当たり前になると、管理職はそうした就業形態に対応するためのトレーニングやサポートが必要になるだろう。

© Industry Dive. All rights reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。