メディア
特集
» 2022年06月06日 07時00分 公開

「うまく伝わらない!」を解消する動画編集クラウド 実際に使って解説動画を作ってみた

企業活動で動画コンテンツを活用する場面が増えている。従来は広告や商品カタログで動画が活用されていたが、最近は商談や採用、業務連絡などでの利用が増えているという。本稿では、動画の気軽な利活用を後押しする、動画編集クラウドの基本と選定ポイントを解説する。また、編集者が実際に動画編集クラウドで作成した動画も紹介しているので、ご覧いただきたい。

[指田昌夫,キーマンズネット]

動画制作"素人"の編集担当が1時間で作った「本記事のポイント解説動画」を公開

 本記事の本題であるサービスの選定ポイントを、実際にオープンエイトの「Video BRAIN」でまとめてみた。BGMが流れるので注意して再生してほしい。動画を制作してみて気付いた点やサービス選定の詳細については、記事の後半で解説する。

 企業内で動画コンテンツの活用が進んでいる。従来の動画利用は、広告や商品カタログなどマーケティング活動のイメージが強かったが、最近は商談資料や採用活動、社内の業務連絡に動画を使用するケースが急増しているという。

近藤洋司氏

 その背景には、専門知識がなくても手軽に動画制作できるクラウドサービスの存在がある。動画編集クラウド「Video BRAIN」を提供するオープンエイト執行役員の近藤洋司氏は、次のように語る。

 「『企業代表の社員向けメッセージの配信』『経費精算の締切日のお知らせ』など、連絡事項の発信に動画が使われています。こうした動きは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による、企業内コミュニケーションの希薄化が影響しているとみています。温かみのあるコミュニケーションを目的に、動画に着目する企業が増えています」

五十嵐 憂子氏

 同社でカスタマーサクセス部門のマネジャーを務める五十嵐 憂子氏も、「企業の動画の使い方が変化している」と話す。「コロナの影響で社員にオフラインのOJTができないため、動画で代用したいというニーズや取引先にオンラインで商談する際に文字や音声だけでなく動画でも説明したいというニーズが拡大しています」(五十嵐氏)

 注目を集める動画編集クラウドについて、企業が活用する際にチェックすべきポイントを聞き、その内容を同社のVideo BRAINで実際に動画にまとめた。

動画編集クラウドの制作フロー

 動画編集クラウドは、あらかじめ用意した動画ファイルをクラウドにアップロードし、Webブラウザ画面で編集できるSaaS(Software as a Service)である。動画編集スキルがない人でも、手軽に高品質な動画コンテンツに仕立てることができる操作のしやすさが特徴だ。

 Video BRAINも操作性の高さを売りにしている。「従来の動画編集アプリは、左から右へタイムラインが流れてその上にコンテンツや音を乗せるイメージでした。対してVideo BRAINは、『PowerPoint』のスライドのようにシーンを並べて、シーンごとに中身を編集するイメージです」(近藤氏)

 シーンごとの素材を用意して、それをAI(人工知能)で解析して1本の動画にもできる。しかし、AIで完璧なものができるわけではないため、ほとんどの場合は人の手による編集が加えられるという。

見落としがちなサービス選定のポイント

 ここからは、実際にサービスを選定する際のポイントを詳しく紹介する。

カスタマーサクセスによるサポート

 動画編集クラウドの操作は簡単だが、最初から動画をサクサク作るのは難しい。そのため同社では、契約した顧客に対するサポートに力を入れている。その理由を五十嵐氏は次のように話す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。