メディア
ニュース
» 2022年06月08日 14時40分 公開

企業における「AIのコンプラ違反」は誰の責任か?

IBMはAI倫理に関する調査レポート「AI倫理の実践 - 信頼できるAI実現へ、全社的取り組みを」を発表した。調査結果から、“AI倫理に責任を持つ役割の根本的な変化”が明らかになった。

[大島広嵩,キーマンズネット]

 IBMは2022年6月7日、AI(人工知能)倫理に関する調査レポート「AI倫理の実践 - 信頼できるAI実現へ、全社的取り組みを」を発表した。調査結果から、組織における“AI倫理に責任を持つ役割の根本的な変化”が明らかになった。

AI倫理の責任は、IT部門からどこへ移行した?

 「AI倫理について責任を負うべき主な職務」の調査項目では、回答者の80%がCEOなどの「非技術部門のリーダー」をAI倫理の責任者、推進者として挙げた。2018年時の15%から急上昇した結果となった。

AI倫理の主要な責任者はどの部門か(出典:IBMリリース)

 また、サステナビリティーや社会的責任、ダイバーシティーとインクルージョンの面で同業他社と比較して優れたパフォーマンスを発揮するなど、信頼できるAIの推進が求められているにもかかわらず、リーダーの意図と実際の行動との間に“ギャップ”があることも明らかになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。