メディア
ニュース
» 2022年06月15日 07時00分 公開

無料で始める機械学習 「AWS認定」でML技術を学ぶ方法とは

IT人材の不足が深刻化する中でAWSが自社の認定試験を通して機械学習を学ぶサービスを提供している。4つの出題分野とサンプル問題、学習方法をまとめて解説する。

[福永理美,キーマンズネット]

 ITエンジニアやデジタル人材の不足が深刻化する中、能力を客観的に測れる「資格」が注目される。その中でもベンダーが設定する認定資格は専門性や実務能力を証明するものとして、キャリア人材や即戦力人材の評価に有効な指標となる。

 2022年5月25〜26日に開催された「AWS Summit Online 2022」(2022年6月30日までオンデマンド配信予定)でAWSジャパンでテクニカルトレーナーを務める佐中 晋氏が「認定資格から始めるAWSの機械学習〜AWS Certified Machine Learning-Specialty攻略〜」と題する講演に登壇し、AWSの機械学習に関する認定資格について解説した。

サマリー

  • AWS Certified Machine Learning-Specialtyとは
  • 出題分野と問題例(データエンジニアリング/探索的データ分析/モデリング/機械学習の実装とその運用)
  • 認定取得に向けた参考資料と学習モデル

AWS Certified Machine Learning-Specialtyとは

 AWS認定とは、AWSに関する技術スキルとクラウドの専門知識を保持することを認定する制度だ。「取得したい資格」として人気が高い。認定資格は実務経験の有無によって「基礎」「アソシエイト」「プロフェッショナル」の三段階に区分され、これに6つの知識分野に関する専門知識を問う専門知識認定資格を加えた4種類の認定が存在する。

AWS認定の概要(出典:AWS Summit講演資料)

 今回講演の題材となった「Certified Machine Learning-Specialty」は機械学習(MLモデル)の構築とトレーニング、チューニング、デプロイに関する専門知識を認定するものだ。内容はAWSに限らず、機械学習の基本的な知識についても問われるため、認定の取得を通して機械学習を体系的に学べる。

 試験は所定のテストセンターかオンライン(監督付き)で受けられる。180分で65問の複数選択または複数応答式の問題が出題され、費用は3万円(税別)となる(2022年6月時点)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。