メディア
ニュース
» 2022年10月07日 07時00分 公開

サイバー攻撃者にも大人気? “危ない”ゲームトップ5:680th Lap

ゲームプレイ中にマルウェアに感染……そんなセキュリティ被害が拡大しているという。今回は、サイバー攻撃者が“大好き”なゲームトップ5を紹介しよう。

[キーマンズネット]

 サイバー攻撃者は民間企業や公共団体、自治体、政府機関だけではなく、PCゲームプレイヤーもターゲットにし始め、暗躍しているという。

 ある調査結果から、あのPCゲームがサイバー攻撃者の格好の的になっていることが分かった。サイバー攻撃者に“人気”のゲームトップ5を紹介しよう。

 2022年9月6日、大手セキュリティ対策企業のKaspersky Labは自社のセキュリティブログ「Securelist」で「Good game, well played: an overview of gaming-related cyberthreats in 2022(2022年のゲーム関連サイバー脅威の概要)」という記事を公開した。

 Kaspersky Labは人気のあるゲームの中から28タイトルをピックアップし、ゲームをプレイすることで生じるセキュリティリスクを調査、分析した。その結果、2021年7月1日から2022年6月30日までの1年間で、ゲームをプレイしたことがきっかけでマルウェアに感染したプレイヤーの人数は38万4224人に上るという。ゲームに関係する正規のファイルを装って、9万1984もの悪意あるコードを含んだファイルが配布されていたという。

 マルウェアの多くはいわゆる「トロイの木馬」系のもので、プレイヤーの機密情報を盗み出すことが目的だ。確認されたマルウェアの約77%が、ユーザーアカウント情報を盗み出す「Trojan-PSW(Password Stealing Ware)」かその亜種だという。

 サイバー攻撃者から狙われたゲームのトップ5は、1位が「Minecraft」で、次いで「Roblox」(2位)、「Need for Speed」(3位)、「Grand Theft Auto」(4位)、「Call of Duty」(5位)と続いた。Minecraftに至っては、13万1005人がマルウェアの被害を受けたという。2位のRobloxの被害者数は3万8838人だったことから、Minecraftがいかに人気なのかが分かる。

 サイバー犯罪者はゲームソフトウェアの他、プレイヤーにとって魅力的なチートツールなどにもマルウェアを仕込んでいるという。ゲームの中でズルをするためのツールだ。また、ゲーム内アイデムを販売する公式サイトを模した「偽サイト」の存在も確認されている。

 PCゲームにとどまらず、モバイルゲームにまでもマルウェアの魔の手が伸びている。モバイル版Minecraftはもちろん、モバイル版Grand Theft Autoや、モバイル版PUBGなどが特に狙われているようだ。

 Kasperskyの記事では、二要素認証でアカウントを保護すること、公式ストア以外からゲームをダウンロードしないこと、たとえ魅力的でも見知らぬユーザーから送られてきたゲーム関係のファイルは開かないこと、とアドバイスを送っている。

 本稿公開時点では家庭用据え置き機でのマルウェア感染被害は報告されていないが、油断はできない。少なくともPCでゲームを楽しんでいるプレイヤーは、最善の注意を払う必要があるだろう。


上司X

上司X: PCゲームプレイヤーがサイバー攻撃者たちの格好のターゲットになっている、という話だよ。


ブラックピット

ブラックピット: しかも一番狙われているのがMinecraftですか。


上司X

上司X: Minecraftって、確かMicrosoftが買収したよな。


ブラックピット

ブラックピット: ええ。正確にはMinecraftの開発元であるMojang Studiosを買収しましたね。2014年のことですから、もう8年も前のことです。買収金額は驚きの25億ドル。今(2022年10月上旬時点)のレートだと、およそ3兆6000億円か……。


上司X

上司X: それほど価値のあるゲームだったわけだ。


ブラックピット

ブラックピット: Minecraftは、いわば「Microsoft Office」と同格なアプリということですよ。そりゃ狙われますよ。


上司X

上司X: ちょっとその理屈はよく分からんが……。


ブラックピット

ブラックピット: それはともかく、PCゲームプレイヤーもPCユーザーであるわけですし、サイバー攻撃者に狙われるのはゲームしていようがいまいが関係ないっていうことです。僕も気を付けますよ!


上司X

上司X: そういや、キミも立派なPCゲームプレイヤーだったな。チートツールなんかに手を染めずに普通にプレイしていれば、厄介ごとに巻き込まれることはないだろうよ。今後も清廉潔白なプレイヤーとして生きてくれ。

川柳

ブラックピット(本名非公開)

ブラックピット

年齢:36歳(独身)
所属:某企業SE(入社6年目)

昔レーサーに憧れ、夢見ていたが断念した経歴を持つ(中学生の時にゲームセンターのレーシングゲームで全国1位を取り、なんとなく自分ならイケる気がしてしまった)。愛車は黒のスカイライン。憧れはGTR。車とF1観戦が趣味。笑いはもっぱらシュールなネタが好き。

上司X(本名なぜか非公開)

上司X

年齢:46歳
所属:某企業システム部長(かなりのITベテラン)

中学生のときに秋葉原のBit-INN(ビットイン)で見たTK-80に魅せられITの世界に入る。以来ITひと筋。もともと車が趣味だったが、ブラックピットの影響で、つい最近F1にはまる。愛車はGTR(でも中古らしい)。人懐っこく、面倒見が良い性格。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。