メディア

VLOOKUPで複数の条件を設定する方法 とっても簡単Excel関数

「Microsoft Excel」のVLOOKUP関数を使用して2つの条件を指定する方法について説明します。

» 2024年01月10日 08時40分 公開
[キーマンズネット]

 VLOOKUPは、検索条件に一致するデータを指定範囲から探し出す便利な関数です。今回は、「Microsoft Excel」のVLOOKUP関数を使用して2つの条件を指定する方法について説明します。

 図1は、今回使用するサンプルデータです。「販売場所」と「製品」を検索条件として、「個数」を検索することが目的です。

図1

 2つの条件を使用するための一般的な手法は、ヘルパーカラムを作成し、それを検索キーとして使用することです。

 まずは、新しいカラム(今回はA例)に販売場所と製品を組み合わせた値を入れます(図2)。これは、次のような式でできます。

=B2&C2

 この式を下方にドラッグして全ての行に適応します(図3)。

図2
図3

 次に、VLOOKUPを使用します。今回は、「G列」の販売場所と「H列」の製品を入力すると、個数が出力されるようにしたいので、I列に関数を挿入します(図4)。

図4

 式は以下の通りです。

検索値:G2&H2

範囲:A2:D11

列番号:4

検索方法:FALSE

 検索値は、検索条件を指定する際に使うセルを指します。今回は、販売場所「沖縄」と製品「シーサー」を知りたいということにして、そのように入力しています。

 検索範囲はA2からD11で、必ずヘルパーカラムと個数のカラムが検索範囲に入るように指定しています。

 列番号は、検索範囲のうち、個数が含まれる列が左から何列目なのかを指します。最後に、FALSEは完全一致検索を意味します(図5)。

図5

 この方法を使用すると、VLOOKUPを使って2つの条件(この例では販売場所と製品名)に基づいて効率的にデータを検索できます。下方に式をコピーして、2つの検索条件の組み合わせを幾つか試してみてください(図6)。

図6

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。

編集部からのお知らせ