メディア
特集
» 2016年01月21日 10時00分 公開

マルチデバイス時代に向けたIT資産管理の勘所すご腕アナリスト市場予測(2/3 ページ)

[岩上由高,ノークリサーチ]

業務利用では「端末導入コスト」よりも「管理性」が重視される

 このように、企業が利用するIT端末は今後も多様化が進んでいくと予想される。新しいIT端末はそれだけ進化のスピードも速く、企業としては個人端末の業務利用(BYOD)を促進するなどの取り組みで端末導入コストを抑えたいと考えるかもしれない。

 その一方で、こうしたIT端末の多くは業務に必要なデータを取り扱い、ネットワークにも接続される。だからこそ、従来のPCと同等もしくはそれ以上のしっかりとした管理が必要となってくる。つまり、IT端末の多様化という今後の変化を見据えた場合、「端末導入コスト」と「管理性」のどちらを重視すべきなのか、今から考えておく必要があるといえるだろう。

 その際の参考となるのが以下のデータである。年商500億円未満の企業に対して、「端末の個人所有/企業所有の比率と管理に関する今後の方針」を尋ねたものだ。

図2 端末の企業所有/個人所有の比率と管理に関する今後の方針(年商500億円未満全体) 図2 端末の企業所有/個人所有の比率と管理に関する今後の方針(年商500億円未満全体)(出典:ノークリサーチ「2015年版 中堅・中小企業におけるPC/スマートデバイス活用の実態と展望レポート」)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。