メディア
ニュース
» 2016年01月29日 10時00分 公開

仮想マシンやクラウド環境に合わせてネットワークも進化KeyConductors(3/3 ページ)

[キーマンズネット]
前のページへ 1|2|3       

パブリッククラウド上のワークロードにポータビリティを

 進藤氏が次に紹介したのは、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azure、Google Cloud Platformといったパブリッククラウドサービス向けの機能強化だ。

 パブリッククラウドは、ハードウェアを調達しなくても迅速にサービスを拡張できるなど、多くのメリットをもたらした。だが、「インスタンスはストレージやネットワーク、ファイアウォールの設定などとひも付いているため、思っているほど簡単にはクラウドサービスを動かすことができない。実はクラウド間の可搬性がなく、サービスにロックインされるという課題がある」(進藤氏)。せっかく、ベンダーロックインを避けるために外に持ち出したワークロードが、再びクラウドサービスにロックインされる皮肉な状況が生まれつつあるという。

 これに対しVMwaer NSXは、オンプレミスとパブリッククラウドにまたがり、インフラの差分を吸収する役割を果たすようになる。これにより「ワークロードがポータブルになる」と進藤氏は述べた。さらに、続く動画デモではAWSを例に、トラフィック急増に応じて作成した50ものインスタンスをVMware NSXが提供する仮想ネットワークに引き込み、ファイアウォールをはじめとするさまざまなセキュリティ機能を、オンプレミスと同様の内容で適用できる様子を紹介した。

NSX for Amazon Web Services NSX for Amazon Web Services

 他にも今後、「vSphere以外のKVM、Hyper-Vといったマルチハイパーバイザーのサポート」「コンテナやCloud Foundryといった新しいワークロードのサポート」「サードパーティーアプリケーションとの連携」といった機能を強化し、パブリッククラウドとオンプレミス環境をシームレスに利用できる環境を整えていくという。「VMwareでは『NSX Anywhere』を掲げ、どこでも使えるようにしていく」(進藤氏)

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。