特集
» 2016年03月22日 11時00分 公開

大切なのは分かりやすさ、中小規模向けネットワーク管理ツールの選び方IT導入完全ガイド(3/3 ページ)

[宮田健,キーマンズネット]
前のページへ 1|2|3       

一歩踏み込んだ「ネットワーク管理」は?

 今日のビジネスにおいてネットワーク帯域は、これまで以上に貴重な資源となっている。従業員が勤務中に業務目的以外で動画サイトにアクセスするような状況は好ましくない。ネットワーク管理ツールの中には、ネットワークの利用状況を「アプリケーション別に、ユーザー単位で」監視できる機能を備えたものも登場している。

 この機能を使うことでネットワークの使用率をドメインごとに分類できる。例えば、youtube.comへの接続がトラフィック全体の何割を占めているか、その接続元のクライアントPCはどれかといった具合に追跡調査も可能だ。特に無線LAN環境など、通信のボトルネックになり得る要因が多い環境においては便利な機能だろう。

アプリケーション単位でのネットワーク管理 図3 アプリケーション単位でのネットワーク管理。ネットワークを流れるトラフィックの「アプリケーション単位」での使用率を確認。図はAirWaveの例。(出典:日本ヒューレット・パッカード)
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。