メディア
特集
» 2016年11月14日 10時00分 公開

マルチクラウド運用ツールで管理業務を1つに集約する3つのメリットIT導入完全ガイド(3/3 ページ)

[土肥正弘,ドキュメント工房]
前のページへ 1|2|3       

リソース使用量の統合管理によるコスト最適化

 次に、コスト管理も大事なポイントだ。クラウドサービスのほとんどがリソース使用量によって課金するビジネスモデルをとっているため、利用状況の監視と統計は極めて重要となる。理想的には、部門単位、プロジェクト単位でどのクラウドのリソースをどれだけ使っているのかを迅速に把握したい。

 つまり、マルチクラウド運用管理ツールを使うべき2つ目のメリットは、契約条件と実際の利用状況の差を可視化できることだ。過剰なコストを発生させている場合には契約を適正化したり、業務内容と照らし合わせて必要以上に高い品質のサービスを使っている場合には他クラウドへの移転を含めて契約を再考したりできるだろう。ツールによってはプライベートクラウドやパブリッククラウドだけでなく、オンプレミスシステムも含めてインフラ全体を把握できるようになる。

図5 仮想サーバの利用状況をシステム別にリスト化 図5 仮想サーバの利用状況をシステム別にリスト化(出典:日立製作所)

コラム:当たり前のようで困りがちな「用語の統一」

 複数のクラウドサービスを利用していると、同じ内容を意味しているにもかかわらず、それぞれのサービスで微妙に言いまわしが異なっているケースを目にすることもあるだろう。「慣れ」の問題かもしれないが、クラウドサービスによって異なる“方言”をマルチクラウド運用管理ツールで吸収して統一することは運用管理を容易にする1つのポイントになり得る。

 大企業であればともかく、全ての企業で潤沢な運用人員を確保できるわけではない。その企業が利用している全てのクラウドサービスに精通していない管理者にとっては、用語が異なることで混乱が生じてしまう可能性もある。オペレーションミスを犯さないようにするためにも用語の統一は重要なのだ。これは、マルチクラウド運用管理ツールを使うべき3つ目のメリットといえるだろう。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。