メディア
ニュース
» 2017年11月13日 10時00分 公開

LTE対応「Surface Pro」と中小企業向け「Microsoft365 Business」の実力は?(4/4 ページ)

[二瓶 朗,グラムワークス]
前のページへ 1|2|3|4       

Microsoft365を支えるLTE対応「Surface Pro」

 Microsoft Surfaceシリーズには、2in1、Studio、Hubといった幾つかのモデルが存在するが、新たにLTE-Advanceに対応した「Surface Pro LTE Advanced」が追加される。

Surface Pro LTE Advanced Surface Pro LTE Advanced
SIMスロットは本体背面に搭載される SIMスロットは本体背面に搭載される

 同製品はいわゆるSIMロックフリーPCであり、nano SIMおよびeSIMに対応。Wi-Fi環境のない場所でもインターネット接続が可能で、下り最大450Mbpsの通信が可能となる。20バンドに対応し、国内の主要キャリアの他、各MVNO事業社が提供するSIMが利用できる。

 CPUには第7世代(Kaby Lake)のCore i5-7300U(2.6GHz/最大3.5GHz)が採用され、搭載メモリ量とSSD容量の異なる2機種がラインアップされる。従来のSurface Pro4と比較すると基本性能がアップしている他、バッテリー駆動時間が最大13.5時間に向上している。

 価格は上位モデル(メモリ8GB/SSD256GB)が14万9800円(税別)、下位モデル(メモリ4GB/SSD128GB)が12万9800円(同)で、11月1日から受注が開始されており、12月8日から順次出荷される。

Surface Pro LTE Advancedの特徴一覧 Surface Pro LTE Advancedの特徴一覧
Microsoft365シリーズの価格一覧と提供開始時期 Microsoft365シリーズの価格一覧と提供開始時期
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。