メディア
特集
» 2018年02月19日 10時00分 公開

匿名加工情報とは? 基礎概念、利用用途を理解するIT導入完全ガイド(2/3 ページ)

[吉村哲樹,オフィスティーワイ]

大きな期待を集めるデータ匿名化技術「k-匿名化」

 データを匿名化するための手法には、さまざまなものが存在する。最も単純な方法は、「個人情報が含まれるデータベースの項目を丸ごと削除してしまう」というやり方だ。全ての個人情報を削除してしまえば、個人が特定される危険性は限りなくゼロに近づく。しかしそこまで削除してしまうと、データそのものの利用価値がなくなってしまう。

 一方、必要最低限の個人情報だけをマスキングすれば、データの特性はさほど大きく変わらず、ビッグデータ分析の精度もある程度担保される。しかし必要最低限のマスキングだけでは、今度は他のデータと照合することで容易に個人が特定できてしまう。

 このようにデータ匿名化は、常に「匿名性」と「データの有用性」のバランスが問題となる。単純なデータの削除やマスキングでは、どちらかを重視すればもう片方がおろそかになってしまう。そこで、この両方を高い水準で両立できる匿名化のアルゴリズムが、長年統計学の分野で研究されてきた。

 その過程では、さまざまなデータ匿名化の手法が編み出されてきたが、近年特に注目を集めているのが「k-匿名化」と呼ばれる技術だ。

注目のデータ匿名化手法「k-匿名化」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。