メディア
特集
» 2018年05月14日 10時00分 公開

RPA運用の成功は経営戦略への組み込みが肝になるーーBlue Prism日本法人 ポール・ワッツ社長に聞く

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の語源を知っていますか?と聞かれた際に、回答することができない方は多いのではないだろうか。起源は2012年に遡り、英国のエンタープライズRPA開発企業・Blue Prismの現チーフエバンジェリストで当時はCMOのPat Geary氏が当時のBlue Prismの事業内容について説明する際に「Robotic Process Automation」と使ったことがその始まりだという。

RPAの先駆者として知名度の高いBlue Prism。グローバル企業での豊富な採用実績を誇り、大学との実証研究も進めてきた同社は、2017年4月に日本法人のBlue Prism株式会社(東京都港区)を設立。現在はパートナー企業を通して製品の普及を進める一方、大規模運用に成功した海外で積み上げられたナレッジの紹介に力を注いでいる。「RPAは単なるツールの導入ではなく、組織文化を根本から変える挑戦」と語るポール・ワッツ日本法人社長に、世界最先端のRPAトレンドと同社の国内戦略を聞いた。

グローバル企業ではRPA活用を「戦術」から「戦略」に

―まずご自身と日本法人の簡単なご紹介をお願いします。

私はエンタープライズ向けソフトウエアの業界で30年のキャリアがあり、中でも香港に15年、シンガポールに6年とアジア・パシフィックで長く勤務してきました。その間、業務プロセスを可視化・効率化するワークフローやBPM(ビジネス・プロセス・マネジメント)の分野でビジネスをしてきたのですが、定型業務をソフトウエア ロボットで代替するRPAはBPMとも関係が深く、共通の知人を介してBlue Prismの共同創業者で現CEOのアレスター・バスゲート氏とロンドンで面識を持ったのが入社のきっかけです。その直後、2017年4月に設立されたBlue Prism株式会社の社長として赴任し、現在に至ります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。