メディア
特集
» 2018年09月07日 10時00分 公開

RPAと上手に付き合う正攻法「ロボットの未熟さを許せる寛容さ」−−RPAエンジニアリング代表大石純司氏に聞く(前編)

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

RPAの導入エンジニアリングから運用、保守、サポート、さらにはソリューション開発までも手がけるRPAエンジニアリング株式会社。同社は「BizRobo!」を提供するRPAテクノロジーズの100%子会社として、不足するRPAエンジニアを育成・派遣し、様々なRPAソリューションの保守運用をワンストップで提供することを目的に、2017年2月に設立された。RPAという言葉が普及する10年前からロボット開発に取り組み、これまで手がけたロボットは20,000ロボット以上。圧倒的な実績を持つ代表取締役社長の大石 純司氏に、現在のRPA市場が抱える課題とその要因、日本と欧米のRPAの取り組みの違いなどについて話を聞いた。

「自動化」にばかり期待値が高まりすぎているRPA。上手な付き合い方はロボットの未熟さを許せる“寛容さ”

──日本国内では2017年頃よりRPAを導入する企業が相次ぎ、その普及ペースは世界でも例を見ないとも言われています。同時にRPAの導入、運用、スケールそれぞれにおける課題も多く出ていることも実態としてあると聞きます。それぞれの本質的な課題はどのようなところにあると考えますか。

大石: 「RPA」という言葉が一気に普及して定着するに従って、人々の間に「しっかり使い、すぐに効果をださなくてはならない」というプレッシャーも増大してしまっていると感じています。ポジティブな面にせよ、ネガティブな面にせよ、RPAに対してあまりにも正しく向き合わねばと、ある意味で気負ってしまう傾向が強くなってきているのではないでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。