メディア
特集
» 2019年01月11日 10時00分 公開

従業員規模200名で実現するRPAの利活用−−−家事代行サービス「ベアーズ」が実践するマーケティング業務効率化

[平 行男,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の活用事例といえば大企業のものがほとんどだ。そのため、自社にRPAを導入して本当に効果があるのかと不安に考えている中小・中堅企業も多いのではないだろうか? 実際には、従業員200名規模でもRPAを活用してマーケティング業務の大幅な改善を実現している企業もある。

2018年11月14日、東京都内にて開催されたBizteX株式会社主催の「X-CONFERENCE(クロス-カンファレンス)」にて、家事代行やハウスクリーニングのサービスを展開する株式会社ベアーズが、自社でのRPA導入事例を発表。同社マーケティング本部 本部長の後藤晃氏は、『小さい企業ほど、メリットが高い!! RPAは、日本人の新たなパートナー〜マーケティング部門の業務改革!!〜』と題するセミナーを行った。その内容をダイジェストでお伝えする。

株式会社ベアーズ マーケティング本部 本部長 後藤晃氏

事業急拡大に伴う業務システムや人手不足の課題はRPAで解決できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。