特集
» 2019年02月25日 10時00分 公開

「2-6-2の法則」の新定義とRPAがもたらす変革ーーSBペイメントサービスがRPAで実践する、組織の活性化

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

「2-6-2の法則」と言われても聞いたことがない、と回答する方が多いかもしれない。

別名、「働きアリの法則」とも呼ばれるもので、進化生物学を専門とする北海道大学の長谷川英祐氏が、働きアリの研究をするなかで見出した法則である。働きアリの集団の構成のなかで、「実績・生産性が高く積極性に優れた優秀なグループが2割」「上位にも下位にも属さない平均的なグループが6割」「実績・生産性が低く積極的に行動しないグループが2割」――と、自然に2対6対2という割合になるという法則のことである。この法則はビジネスシーンでも用いられ、「組織は優秀な2割の人材で動かされている」という意味合いで論じられることもある。

ところが、この法則の定義は誤りであり、新たな定義のもとでRPAが組織を活性化させるかもしれないーーと語るのが、2018年3月からRPAを導入したSBペイメントサービス株式会社(旧 ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社) 代表取締役副社長 兼COO 兼CISOの堀田智宣氏である。

同社はソフトバンクグループのなかで決済事業を担っており、業務改革の一環としてRPAを導入。その実践のなかで、RPAが組織の活性化に繋がる可能性をみたという。

本記事では2018年11月14日、BizteX株式会社により開催された「BizteX X-CONFERENCE 〜テクノロジーが変える、経営とワークスタイルの未来」でのセッション、「ソフトバンクグループのCOOが語る!RPAを前提にしたとスピーディな経営・組織づくり」をレポート。講演内で語られた、クラウドRPA「BizteX cobit」の活用により実現した業務効率化の事例と、組織活性化へのヒントを取り上げる。

■記事内目次

  • 1. RPAツールの選定にあたり重視した3つのポイント
  • 2. RPAをきっかけに生まれる現場の知恵と自信__人事部、法務部の活用事例
  • 3. RPAで “優秀な2割”の割合が広がり、組織が活性化される

SBペイメントサービス株式会社 代表取締役副社長 兼COO 兼CISO 堀田智宣氏

RPAツールの選定にあたり重視した3つのポイント

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。