メディア
特集
» 2019年08月20日 10時00分 公開

RPAで加速させるAI活用──UiPathが新サービスと提携戦略を発表

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツール「UiPath」を国内展開するUiPath株式会社は2019年7月30日、RPAとAI(人工知能)の連携に焦点を当てたイベント「UiPath AI EXPO」を都内で初開催。企業実務でのAI活用を促進する新サービスの開始ならびにAI関連企業・RPAユーザー企業との提携強化を発表した。

UiPathのユーザーが1,200社を超え、主要なRPAツールとして認知されている日本は、同社が研究開発投資の4割を充てる最重要市場だ。発表では、こうした強固な基盤を生かしてグローバル市場で先行したAI連携を加速させると同時に、RPAとAIが相乗効果を発揮できる新たな活用モデルを日本から発信する戦略が示された。本稿では、イベント当日の模様をダイジェストで紹介する。

<目次>

1. UiPath向けのマーケットプレイス「UiPath Go!」日本語版がオープン

2. RPAの機能を強化する「AI Fabric」

3.RPAとの融合が「誰でも使えるAI」を実現

4.日本発「RPA×AI」で、人材創出100万人の新構想


UiPath株式会社代表取締役CEOの長谷川康一氏

AI連携などのロボット公開サイト「UiPath Go!」日本語版がオープン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。