特集
» 2019年10月09日 10時00分 公開

九州産業界に到来したデジタライゼーションの奔流──「RPA DIGITAL WORLD FUKUOKA 2019」講演レポート

[RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)をテーマにした国内最大規模のイベントで、九州初開催となる「RPA DIGITAL WORLD FUKUOKA 2019」(RPA BANK主催)が2019年9月26日、福岡市中央区のエルガーラホールで開かれた。

経済・産業の中心地として、首都圏・中京圏・関西圏に並ぶ「4大都市圏」とも位置づけられる福岡。この日、RPAとDX(デジタルトランスフォーメーション)の最新事例を紹介する9つのセッション、さらに主要なRPAツールベンダーなど21社が集まった展示会場には、九州各地から多数の参加者が詰めかけた。

本記事では、同イベントのトップを飾った九州大学名誉教授の村上和彰氏による講演要旨、さらに地元の先進的RPAユーザーである西部ガス情報システム株式会社によるセッションのダイジェストを紹介する。

■記事内目次

  • 1.アナログ時代の勝者が「IT活用」だけでは生き残れない理由
  • 2.「私がリーダー」の気概で、まずトップ直轄のDXプロジェクトをつくる
  • 3.現場本位の改良で活用意欲を呼び覚ます──RPA「メロンファミリー」を育てる西部ガス情報システム

アナログ時代の勝者が「IT活用」だけでは生き残れない理由

産業界と学術界でコンピューターの基本設計に長年携わってきた村上和彰氏は、2016年にAIベンチャー「チームAIBOD」を創業。現在システム開発企業の最高科学技術顧問を務めるなど、最新テクノロジーの社会実装に注力していることで知られる。この日は「RPA/AI/IoTの先にあるもの “DX(デジタル変革)”:その実践成功の秘訣、お教えします!」と題し、RPAとDXの違い、そして早急な着手が求められるDXの進め方について解説した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。