ニュース
» 2021年08月30日 13時30分 公開

1日1時間を奪う、無意識にやっている業務生産性を落とすNG行動とは?

SaaS(Software as a Service)などデジタルツールの浸透によって、われわれは複数のアプリケーションを使い分けながら業務を進めている。さまざまなツールやサービスによって利便性は増したが、それによって犠牲にしているものがある。

[Roberto Torres,HR Dive]
HR Dive

 1000人の労働者を対象に、コーネル大学のEllisIdea Labとソフトウェア会社Qatalogが共同で実施した調査によると、デジタルツールを切り替えながら業務を進めたワーカー1000人のうち、45%の生産性が低下したという。また、44%が「作業内容を把握できないことが仕事上のミスにつながった」と回答した。

 コラボレーションやストレージ、メッセージングアプリ間の情報を探すのに、1日1時間近くを費やしているという。ワーカーの半数が、アプリの切り替えによって情報が混乱することを懸念しているようだ。

10人に7人が「作業タスクに改善の余地あり」

 テレワークで次に求められるのは柔軟性だ。従業員が自宅にいようとオフィスにいようと、業務はテクノロジーソリューションに依存しているため、複雑さは増すばかりだ。

© Industry Dive. All rights reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。