ニュース
» 2021年11月11日 12時50分 公開

テレワークシフトが一段落 企業ネットワークの新たなフェーズは?

2020年はコロナ禍の対宅対応に追われたネットワーク部門。2021年は落ち着きを取り戻しつつあるように思えるが、調査によって新たな課題が浮き彫りになった。ネクストノーマル社会に合った最新ソリューション導入の動向を見ていく。

[キーマンズネット]

 IDC Japanが発表した「2021年 企業ネットワーク機器利用動向調査」の調査結果により、インターネットブレークアウトの導入および検討状況や、ネットワーク運用管理の課題などが明らかになった。

在宅セキュリティや管理コストに課題感

 テレワークシフトなど急激な変化への対応に追われた2020年と比べると、企業のネットワーク管理部門は落ち着きを取り戻しつつある。本調査で、在宅勤務とセキュリティおよびクラウドシフトに強い課題意識があることが分かった(下図参照)。加えて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大以降、ネットワーク管理の省人化意識が高まり、フリーアドレスや無線LAN化が促進されたことも分かる。

企業ネットワークにおける今後対応すべき重要な課題(出典:IDCの調査レポート)

インターネットブレークアウトやクラウド管理ツールに期待

 在宅勤務のセキュリティ向上や、クラウドシフトを実現するための新しいネットワークの仕組み、クラウドソリューションの検討状況も調査した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。