ニュース
» 2021年11月24日 07時00分 公開

インターネットブレークアウトは進んでいる? ネットワーク動向最新調査

業務環境がクラウドシフトする昨今、センター集中型のネットワークは非効率的だ。VPN通信を終端する装置への設備負担を減らす「インターネットブレークアウト」への注目度はどれほどか。企業のネットワーク環境の現況を紹介する。

[草野賢一,IDC Japan]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の広がりで、企業のネットワーク環境は大きな変革期を迎えている。2020年はテレワーク環境へのシフトが加速したが、2021年は今どんな状況にあるのだろうか。ユーザー動向調査から見るネットワークの現状を紹介する。

アナリストプロフィール

草野賢一(Kenichi Kusano):IDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャー

国内ルーター、イーサネットスイッチ、WANアプリケーション配信やレイヤー4-7スイッチなどのアプリケーションネットワーキング、無線LANなど国内ネットワーク機器市場の調査を担当。ベンダー調査に加え、ユーザー調査やチャネル調査にも携わり、それらの調査結果をベースに、国内ネットワーク機器市場の動向を検証、市場動向の分析および予測を提供する他、さまざまなカスタム調査を実施している。IDC Japan入社前は、エンジニアとしてユーザー企業のネットワークの設計、構築を担当。商品企画にも携わる。


ネットワーク品質、セキュリティ……管理者の関心事

 COVID-19の影響によって多くの企業が働き方の変革を余儀なくされ、自宅やサテライト環境からでも業務が継続できるテレワークへの移行を進めてきたことだろう。環境が変化する中で、企業におけるネットワーク環境への取り組みはどう変わったのだろうか。IDCでは、日本国内企業517社を対象に「2021年 企業ネットワーク機器利用動向調査」を実施した。調査結果を読み解きながら、企業におけるネットワーク環境の現在を概観する。

 本調査結果によると、在宅勤務への対応などテレワーク環境の構築に追われた2020年と比べて、現在、ネットワーク管理者は幾分落ち着きを取り戻しつつある。一方で、引き続き在宅勤務やセキュリティ、クラウドシフトに関連した課題意識があることが明らかになった。具体的な企業ネットワークにおける重要課題を問う項目では、「在宅勤務のネットワーク品質向上」(28.8%)の回答割合が最も高く、次いで「セキュリティ脅威への対応」(27.5%)、「在宅勤務におけるセキュリティ」(25.7%)、「クラウドシフトへのネットワークの対応」(25.5%)となった。

企業ネットワークにおける今後対応すべき重要課題(出典:IDCの調査資料)

 在宅勤務におけるネットワーク品質が課題となった理由については、拠点からのインターネットトラフィックが増加し、かつコミュニケーション手段としてのWeb会議が広く普及したことが大きく影響していると考えられる。テキストを中心としたメールとは違い、音声や映像を使ったリアルタイムコミュニケーション手段であるWeb会議は音声の途切れや画像の乱れなど、ネットワークの遅延が直接的にユーザーに影響するため、管理者にクレームが上がりやすい。従来よりもネットワーク品質を強く意識せざるを得ないのは当然だろう。

 また、セキュリティに対しても大きな懸念事項があることが調査から見える。特に昨今は、クラウドサービスの設定ミスを狙った攻撃が発生するなど、クラウドシフトに伴うセキュリティの新たな懸念が広がっている。企業の情報を狙った攻撃だけでなく、システムそのものを人質にとって金銭を要求するランサムウェアなどが広がったことで、中堅・中小企業でも金銭を目的に攻撃者のターゲットとなる恐れがある。セキュリティに対する課題意識はこれまで以上に高まっている状況だ。

 他にも、多くのベンダーから従来の境界型防御では防げない「ゼロトラスト」の考え方をベースにしたセキュリティ対策の提案が増えており、従来の対策だけでは防御しきれないことが明らかになってきたことで、セキュリティに関する課題はより大きなものとなっている。

 クラウドシフトに伴うネットワーク対応に関しても課題が挙がっている中で注目されているのが、インターネットブレークアウトの取り組みだろう。業務環境がIaaS(Infrastructure as a Service)やSaaS(Software as a Service)といったクラウド環境にシフトしつつある現在、情報をデータセンターに集約し、インターネットに抜けていくセンター集中型ネットワークが最適とは限らない。VPN通信を終端する装置への設備負担も大きなものとなっていることから、拠点から直接インターネットに抜けるインターネットブレークアウトを検討する企業も増えている。

 ただし、働き方がしっかりと定まっていない企業が多いこともあり、クラウドシフトに適したネットワークの考え方についてのノウハウ不足から、課題も山積している。

インターネットブレークアウトの導入状況は?

 今回の調査の中では、前述したインターネットブレークアウトの導入状況などに関しても詳しく聞いた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。