メディア
ニュース
» 2021年12月14日 15時00分 公開

分かっちゃいるけどやめられない? ID、パスワード使い回しの実態調査

新たに発表された「コロナ禍以降のアカウント情報管理に関する意識調査」の結果では、大半の従業員が、テレワークで新たに使い始めたクラウドサービスで既に使っているIDやパスワードを再利用していることが明らかとなった。

[キーマンズネット]

 クラウドサービスの利用が増えるにつれ、IDやパスワードも増加する。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でテレワークへ移行し、業務で利用するクラウドサービスが増えたという企業も多い。数カ月に一度しか使わないようなアプリケーションの場合、登録したログイン情報が思い出せず結局再設定を余儀なくされた、という経験があるユーザーも少なくないだろう。現状、IDやパスワード管理に対するユーザーの意識はどうなっているのだろうか。

 ソースポッドは2021年12月13日、「コロナ禍以降のアカウント情報管理に関する意識調査」の結果を発表した。調査対象は国内の会社員や役員、公務員で、自組織固有ドメインのメールアドレスを付与されている500人だ。

 コロナ禍によるテレワークシフトが始まった2020年以降に、「業務利用目的で新規または追加でクラウドサービスを登録した」と回答した人の割合は30%。そのうち、新たに登録したクラウドサービスの数は「1」が51%、「2〜3」が39%だった。

コロナ禍以降、業務利用で新規、追加登録されたクラウドサービスの数(出典:プレスリリースより引用)

私用と業務用が同じ……パスワードを使い回す従業員の実態とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。