メディア
ニュース
» 2022年01月19日 07時00分 公開

楽天、カルビー、京セラ、オープンハウス 有名企業の“どろ沼業務”改革の裏側

誰もが知る大手企業も多くのシステムの課題を抱えている。楽天、カルビー、京セラ、オープンハウスの“泥沼業務”の改革秘話から、レガシーシステムから脱却するヒントを探る。

[キーマンズネット]

 一見、万事順調に見える大手企業の情報システム部門だが、その裏では多くの問題を抱えている。老朽化、サイロ化したシステムや、業界独自の運用による非効率な作業、レガシーシステムの問題など、悩みはさまざまだ。

 本ブックレット(PDF、26ページ)では、有名大手企業、楽天、カルビー、京セラ、オープンハウスの“どろ沼業務”改革の裏話をお届けする。

ブックレットサマリー

  • 130人が携わる手作業と個別最適の悪循環を絶つために楽天が選んだ道とは
  • 「出社率30%以下」を目指すカルビー流働き方改革
  • なぜ京セラの棚卸業務を新人がたった数時間で解決できたのか
  • オープンハウスはAI技術「遺伝的アルゴリズム」をどう使って業務を効率化しようとしたか

ブックレットのダウンロードはこちらから

 本ブックレットは、キーマンズネットで掲載した解説記事を基に制作しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。