メディア
ニュース
» 2022年01月26日 07時00分 公開

企業全体のDX視点で取り組みを デジタルマーケティング関連サービス市場動向

多くの企業が取り組むデジタルマーケティング関連のサービス市場について、2025年での予測を示しながら、現在のトレンドを見ていきたい。

[木村聡宏,IDC Japan]

アナリストプロフィール

木村聡宏(Akihiro Kimura):IDC Japan ITサービス リサーチマネージャー

ITコンサルティング/SIなどの国内ITサービス市場、ビジネスコンサルティング/BPOなどの国内ビジネスサービス市場を担当し、市場全体の動向や主要ベンダーのサービスセグメント別/産業分野別の競争環境の調査/分析/コンサルティングを行う。また、デジタルトランスフォーメーション(DX)関連の調査も担当している。


デジタルマーケティング関連サービスとは

 「デジタルマーケティング関連サービス」は、主に企業のデジタルマーケティングを支援する外部サービスを指す。システムの構築、導入や運用を提供するITサービスと、デジタルマーケティング業務そのものを支援するビジネスサービスに区分される。今回の調査では広告媒体費用はデジタルマーケティング関連サービスの市場規模に含めないが、インターネット広告サービスはデジタルマーケティングの構成要素として捉える。

 デジタルマーケティング関連サービス市場の対象領域は多岐にわたる。IDCでは、「戦略」「キャンペーン」「メディア」「コンテンツ」「アナリティクス」という5つのセグメントに分け、ビジネスサービスとITサービスそれぞれの動向を見ている。各セグメントの対象業務は次の通りだ。

 ビジネスサービスにおいては、CXデザインや組織・業務改革、ブランドチャネル戦略策定などのビジネスコンサルティングが「戦略」に該当し、電子メールやWebマーケティングなどキャンペーン、プロモーション企画や実施のサービスが「キャンペーン」、メディアプランニングやバイイングなどの広告サービスが「メディア」、広告などのコンテンツ制作やSEO対策が「コンテンツ」、そして行動解析や広告効果測定などのデータ分析が「アナリティクス」にカテゴライズされる。

 ITサービスは、デジタルマーケティング戦略の策定とツールやクラウドサービスを選定するITコンサルティングを「戦略」と位置付け、MAツールなどキャンペーン管理システムの導入や運用を「キャンペーン」、メディアおよび広告管理ツール関連を「メディア」、コンテンツ管理システムを「コンテンツ」、そしてDWH(データウェアハウス)やアクセス解析ツールなどデータ管理システムの導入や運用に関連する「アナリティクス」となる。

デジタルマーケティング関連サービス市場のセグメント(出典:IDC Japan)

国内デジタルマーケティング関連サービス市場の予測

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。