メディア
ニュース
» 2022年02月01日 06時00分 公開

嫌な“職場ノリ”がオンラインで増長、報復を恐れる従業員とリモハラの実態

リモート環境におけるハラスメント経験者は4割近い。「職場ノリ」ともいえるオフィス独特の雰囲気がそのままチャットなどの閉じた仮想空間に移行したことで、ハラスメントもオンライン化してしまったようだ。リモートハラスメントの実態と企業が取るべき対策とは。

[Claire Schmidt,HR Dive]
HR Dive

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で多くの企業がリモート勤務に移行したが、職場でのハラスメント(嫌がらせ)についてこれまで以上に耳にするようになった。これはハラスメントの増加を意味するのだろうか。

コミュニケーション仮想化の弊害? リモートハラスメント

 COVID-19の感染対策として対面業務が減少したことで、ハラスメントが減少もしくはなくなるのではないかと考えた人もいるだろう。ハラスメントは当事者同士が同じ室内など近くにいる時に発生すると考えられがちだが、実はそうではない。

 職場でのハラスメントの状況に関する調査「State of Workplace Harassment 2021」(注1)によると、回答したビジネスパーソンの38%が「リモートでハラスメントを経験している」と述べた。ハラスメントは、電子メールやビデオ会議、チャットツール、電話などのリモートでのコミュニケーション手段を介して発生する。

 さらに、ビジネスパーソンの24%は「コミュニケーション手段を介することで、以前よりもハラスメントが悪化している」と考える。企業はこの事態と向き合い適切な対応策を進めなければならない。

© Industry Dive. All rights reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。