メディア
ニュース
» 2022年02月04日 10時30分 公開

デジタルツインとは? メタバースやその他のデジタル化技術との違い、狙いを解説

仮想空間上に現実世界を再現する。国主導プロジェクトでのユースケース創出や、製造現場への導入が進んでいる。

[キーマンズネット]
  • デジタルツイン注目の背景
  • 国や自治体、企業の取り組み
  • 関連用語

 デジタルツインとは、調査対象をデジタル空間に再現する技術や再現したコンテンツそのものを指す。現実における検証が難しい状況のシミュレーションや分析をデジタル空間で実施してその結果を現実のアクションにフィードバックするために用いられ、官民のさまざまな分野で活用が進む。

デジタルツイン注目の背景

 デジタルツインは2002年に米ミシガン大学のマイケル・グリーブス氏によって提唱された。製造業の製品管理におけるPLM(Product Lifecycle Management)から発展した概念である。

 通信技術や演算能力の向上、センサーの小型化などを背景に高精度のシミュレーションが可能になったことから、製造業を中心に導入が進む。日本では災害時の避難先シミュレーションなどの観点からも研究が進んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。