メディア
ニュース
» 2022年04月20日 07時00分 公開

「顔出しZoom」で売り上げアップも 3事例から学ぶコミュニケーション戦略

Web会議ツール「Zoom」で知られるZVC Japanの執行役員が、Web会議にとどまらないZoomを使ったエンゲージメント強化策を語った。

[土肥正弘,ドキュメント工房]
ZVC Japan 林 幹人氏

 Web会議ツール「Zoom Meeting」(以下、Zoom)で知られるZVC Japanの林 幹人氏(執行役員 エンタープライズ第一営業本部長)は「Zoomの価値はWeb会議だけではない」と強調する。同社は「Zoom Webinar」「Zoom Chat」「Zoom Rooms」「Zoom Phone」などをラインアップし、林氏は「これらを基にしたプラットフォームで、テレワーカーだけでなく工場や店舗などでの柔軟な働き方も支援する」と語る。

 これらサービスの提供によって最終的に同社が目指すのは組織力の強化だ。従業員や顧客のエンゲージメントの強化が組織力を高める重要な要素だという。ZVCの調査によれば、従業員の39%が「働く環境をもっとフレキシブルにしたい」と回答し、その半数がZ世代(1990年後半から2010年頃にかけて誕生した世代)だという。

 しかし、そうした思いを抱きながらも、調査では回答者の40%が「自分で働き方を選択できない」と回答した。中には店舗や工場などテレワークでの就業が難しい職種もあり、またテレワークをしていても時には出社が求められる場合もある。ワークシフトの潮流が高まりを見せるが、労働環境にはまだ制限があるのが現状だ。回答者の57%、特に営業職に就く人は「初めての顧客とはせめて対面で商談したい」と考えているようだ。

 林氏は、従業員が離れた場所で就業していても「顔出しのコミュニケーション」で従業員のエンゲージメントを高めることは可能で、それが組織力の強化にもつながるという。

Zoomの製品ラインアップで構成される「Zoomコミュニケーションプラットフォーム」(出典:イベント投影資料)

本稿は「Japan IT Week 春」で行われたZVC Japanの林 幹人氏による講演「企業の力を強くするための全社的なエンゲージメントの実現」を基に編集部で再構成した。

なぜ“顔出しZoom”で組織のエンゲージメントを高められるのか

 心理学者のアルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」によれば、人がコミュニケーションを取る際に話者が聞き手に与える影響について、視覚情報が55%、聴覚情報が38%で、言語情報はわずか7%だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。