メディア
ニュース
» 2022年05月12日 12時00分 公開

印刷量減少の原因は在宅勤務ではない 2022年国内プリント環境に関する調査

IDC Japanは「2022年国内プリント環境導入判断者調査」の結果を発表した。コロナ禍で印刷量は大きく減少した一方で、印刷機器は大幅減少のトレンドとはならなかった。また、印刷量減少は在宅勤務が一番の理由というわけではないことも分かった。

[キーマンズネット]

 IDC Japan(以下、IDC)は2022年4月28日、「2022年国内プリント環境導入判断者調査」の結果を発表した。同調査の対象は、国内ユーザー企業でオフィスプリント環境の導入判断に関わる正社員1125人で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響や感染収束後の機器導入方針などを調べたものだ。調査によると、COVID-19の影響で減少した印刷量は元に戻らない可能性が高く、その最大の理由は在宅勤務ではなく別にあることも分かった。

印刷量は減少、印刷機器は据え置きだが要注意 その理由は?

 コロナ禍で印刷量が「減少した」と回答した人の割合は3割以上だ。そうした回答者の7割が、COVID-19の収束後も印刷量が「減少したまま」あるいは「さらに減少する」と回答した。IDCでは、同感染症の影響で減少した印刷量は簡単には元に戻らないとしている。その最大の理由は、在宅勤務が広がり出勤する従業員が減少したことではなかった。

上軸「感染拡大前と比べ、現在複合機/プリンタの台数が減少した理由」下軸「感染収束後、複合機/プリンタの設置台数をさらに減らす検討をしている理由」(出典:IDCのプレスリリース)

 印刷機器の設置台数が「減少した」と回答した人の割合は全体の14.0%で、設置台数に大きな変化はなかった。さらに設置台数が「変わらなかった」と回答した人のうち、設置台数を削減予定とした人の割合は7.8%だ。IDCは「印刷機器の設置台数削減は現状トレンドとはなっていないものの今後は注意が必要」としている。印刷量が減少した最大の理由と印刷機器の設置台数について注意が必要となる理由はなんだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。