メディア
特集
» 2022年06月09日 07時00分 公開

PCキッティングのツールとアウトソーシングの利用状況(2022年)/前編

企業におけるPCキッティングは、コロナ禍でどのように変化しているのか。前編となる本稿では、PCキッティングの具体的な手法や費やす時間、アウトソースの有無、課題などを明らかにする。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2022年5月13〜27日にわたり、PCの各種基本設定や、利用者が業務で必要なソフトウェアをインストールし利用できる状態にする「PCキッティング」に関する調査を実施した。

 前編となる本稿では、企業におけるPCキッティングの手法や費やす時間、アウトソースの有無、課題などを明らかにする。調査結果から、PCキッティング作業における理想と現実の大きなギャップが浮かび上がった。

500人限界説? 大企業ではキッティング体制がガラリ

 PCを最適な状態にセットアップし、”すぐに使える状態”にして業務効率を高めるPCキッティング。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によるオフィス移転やテレワークシフトなど環境変化が生じるタイミングでは、特に大量のPCキッティングが発生する。

 はじめに、PCキッティングをどのような体制で実施しているのかを聞いた。結果を全体で見ると「全て自社でキッティングしている」が54.7%で過半数となり、次いで「自社とアウトソースの両方でキッティングしている」(27.2%)、「全てのキッティングをアウトソーシングしている」(12.3%)が続く結果となった(図1)。

図1:キッティング体制

 従業員数別でみると、500人を超えた辺りからアウトソーシングサービスを活用する割合が増えており、全て自社で完結させられるかどうかは、この結果を基に考えると500人が一つの基準となりそうだ。

 また、PC1台当たりにかかるキッティング時間を調査したところ、従業員規模によらず「30〜60分」(31.7%)との回答が最も多く、「30分以下」が1割以下であることを鑑みても、1人当たり平均1時間以上かかっていると予想される(図2)。

図2:PC1台当たりのキッティング時間

 例えば500人規模の企業でキッティング作業にあたる人員が2〜3人ほどと仮定した場合、最低でも全員がまるまる1カ月を費やすほどの業務へのインパクトとなる。費用対効果を考えるとアウトソースサービスを活用する選択肢が出てくるのも納得だ。

キッティング方法、3位「プロビジョニング」2位「クローニング」1位は?

 以降で、回答者の勤務先でのキッティング方法と課題を見ていく。また、キッティングの課題をフリーコメントで聞いたところ、キッティングに対する理想と現実の悲しみのギャップが見えてくる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。