メディア
ニュース
» 2022年06月24日 08時00分 公開

「実は分離できてません」? 自治体が話したがらないネットワークの闇インターネット分離のITこぼれ話

最近はオンラインから対面取材に移行し、出張の機会も増え、妻からは「あなたは旅行ができていいね」なんて言われる日々……。出張取材では自治体に話を聞くことが多いのだが、どこの自治体からも「利便性のために、実は完全な”インターネット分離”ができていない」というグレーな話が聞こえてくる。自治体ネットワークを取り巻く“闇”とは――?

[キーマンズネット]

 「旅行に行きたい!」

 子供たちの夏休みに合わせて、妻から旅行の提案があった。コロナ禍でテレワークが増え、外出する機会が減り続けたことで、いよいよストレスがたまってきたのだろうか。「もっとTokyo」なんて都民割の旅行割引も始まるようで、いろいろ制度を使ってみることも社会を知るうえでは有効だろう。

 最近はオンライン取材から対面取材へ戻り始め、自身は出張に行く機会が以前のように戻りつつある。仕事の関係で出張がほとんど発生しない妻は、“あなたは出張でたまに息抜きできていいわよね”といった空気感を漂わせてくる。「あ、うん、いいね」。妻からの提案に、反対する余地はない。

取材の際によく購入していたローカル柿の種。新幹線の駅や空港で慌てて探すことも多い。取材の際によく購入していたローカル柿の種。新幹線の駅や空港で慌てて探すことも多い。

 たとえ仕事であっても、出張するとこれまで知らなかった日本の魅力を再発見することも多く、妻の語る“旅行気分を味わっている”瞬間は確かに存在する。

選択が分かれるICT環境のグレーゾーン 「インターネット分離」の闇

 そんな出張取材では、最近は全国の自治体に取材する機会に恵まれている。特に自治体向けのICT環境について取材する際には、必ずと言っていいほど自治体情報システムにおける「インターネット分離」に関連したネタが絡んでくるものだ。

 セキュリティ強化のために重要なインターネット分離を、自治体では「三層分離」と呼ぶ(三層分離の詳細については後述する)。取り扱う情報によってネットワークを分離させるというものなのだが、自治体担当者からは「どうしてもグレーな部分も残されており、自治体担当者によってはあまり詳細なICT環境を明確に記載してほしくない」という話も出てくる。

 三層分離がメインの取材ではないため、自治体による事情に配慮して詳しく触れないケースも多いが、どうやらインターネット分離の現状は、総務省の見解に違反はしていないものの、明確に”白”というわけではないようだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。