メディア
特集
» 2022年07月21日 09時00分 公開

ノーコード/ローコード開発ツールの利用状況(2022年)/前編

プログラミングのスキルがない非IT人材が自らアプリケーションを開発できるとして注目が集まるノーコード/ローコード開発ツール。だが、IT担当者の中には「あの悪夢」を想起する人もいるようだ。課題と理由の考察も含め、利用状況をレポートする。

[溝田萌里,キーマンズネット]

 キーマンズネットは2022年7月4日〜14日にわたり「ノーコード/ローコード開発ツールの利用状況」に関するアンケートを実施した。本稿では、ノーコード/ローコード開発ツールの導入状況やメリット、デメリットなどをレポートし、背景にある課題などを考察した。

 プログラミングのスキルがない非IT人材が自らアプリケーションを開発できるとして注目が集まるノーコード/ローコード開発ツールだが、「エンドコンピューティングの悪夢がよみがえる」と感じるIT担当者もいるようだ。

 なお、本稿で取り扱うノーコード/ローコード開発ツールは、ドラッグ&ドロップなどのGUI操作によって、コーディング作業なしに(あるいはわずかなコーディング作業で)アプリケーションのUIデザインから開発、テスト、デプロイ、実行、管理などを実現するものを指す。

ノーコード/ローコード開発ツールの普及率

 ノーコード/ローコード開発ツールについて、企業の担当者は普及の実感があるのか。調査では、普及していると「とても感じる」(8.9%)、「やや感じる」(36.5%)を合わせて、45.4%がノーコード/ローコード開発ツールの普及を実感していることが分かった。一方、「あまり感じない」(33.5%)、「全く感じない」(12.8%)とした回答は合わせて46.3%だった(図1)。

図1 ノーコード/ローコード開発ツールの普及の実感

 実際の導入率はどうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。