特集
» 2021年09月16日 09時51分 公開

ノーコード/ローコード開発ツールの利用状況(2021年)/前編

プログラミングのスキルがない事業部門の担当者が自らアプリケーションを開発できるとして注目が集まるノーコード/ローコード開発ツールだが、その評価は2分するようだ。どれほど導入が進んでいるのか。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2021年8月20日〜9月3日にわたり「ノーコード/ローコード開発ツールの利用状況」に関するアンケートを実施。ノーコード/ローコード開発ツールの導入状況や導入目的などが明らかになった。近年にわかに注目を集めるノーコード/ローコード開発ツールだが、その評価は二分するようだ。企業では導入が進んでいるのか。

なお、本稿で取り扱うノーコード/ローコード開発ツールは、ドラッグ&ドロップなどのGUI操作によって、コーディング作業なしに(あるいはわずかなコーディング作業で)アプリケーションのUIデザインから開発、テスト、デプロイ、実行、管理などを実現するものを指す。

既存システムでカバーできないスキマ業務に苦慮

 多くの企業では、経理や財務、顧客管理などの「基幹業務」は、業務支援ITシステムが導入されている。だが、定型的な期間業務システムでは網羅できないプロセスが残っており、担当者が個別の作業で対応しているという状況は少なからず見られるのではないだろうか。既存システムではカバーできないスキマ業務は、担当者の時間を効率を下げるだけでなく、業務フローを複雑化させ、ときには「情報があらゆる場所に分散している」などの状況を招く。

 今回の調査で業務プロセスの課題を聞いた質問では「表計算ソフトなどのファイルが部署や担当者ごとに散在していて、情報共有しにくい」(52.1%)、「業務がデジタル化されておらず、紙での運用が残っている」(48.8%)、「既存のシステムではカバーできないスキマ業務が煩雑」(45.8%)が上位に挙がった(図1)。

図1 業務プロセス上の課題

 フリーコメントでは「申請業務の際は、文書をメールに添付しなければならない。使用する申請書フォーマットも未改版で実態にあっていなかったり、フリーフォーマットで設定されていたりする場合もある」や「月毎の売上集計をExcelで実施しているので面倒」などの声が挙がった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。