メディア

データ分析を時短できるExcel「XLOOKUP関数」「Officeスクリプト」活用講座

VLOOKUPとXLOOKUP関数、ピボットテーブル、Power BIやPower Automateとの連携法など、Excelの基礎から応用例までを本ブックレット(全67ページ)で解説する。

» 2023年03月30日 12時30分 公開
[キーマンズネット]

 Excel作業をさまざまなツールに置き換える「脱Excel」の動きが広がっている。だが、「小さな単位で情報を取りまとめたい」「手軽に情報を確認し合えるようにしたい」など、ニーズによっては「Microsoft Excel」(以下、Excel)が適している場面も多くある。重要なのは、Excelとの上手な関わり方を見つけることだ。

 本ブックレットでは、VLOOKUPとXLOOKUP関数、ピボットテーブル、Web版ExcelのOfficeスクリプト、「Microsoft Power BI」との連携など、業務改善ツールの一つとして「活Excel」の方法を紹介する。

ブックレットサマリー

  • エクスポートした複数のExcelファイルを統合するには
  • SUMIF関数、SUMIFS関数で条件を指定して算出する方法
  • XLOOKUP関数とVLOOKUP関数の違い
  • LOOKUP関数を使った特定のデータの検索方法
  • マクロとVBAに存在するセキュリティリスク
  • マクロ初心者でも安全に使える「Officeスクリプト」の使い方
  • Excel「ピボットテーブル」の使い方を実例で解説
  • ExcelとPower BI、Power Automateとの連携法
  • Power Automateでデータを定期的に更新する方法

など

ブックレットのダウンロードはこちらから

 本ブックレットは、キーマンズネットで掲載した解説記事を基に制作しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。

編集部からのお知らせ