メディア
調査リポート
» 2009年09月29日 10時00分 公開

「x86サーバ」シェア(2009年4〜6月)シェア情報アーカイブ

IT投資抑制の影響を受けて、出荷台数は対前年同期比25.8%減と厳しい市況にある「x86サーバ」。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 ガートナー ジャパンの調べによれば、2009年第2四半期(4〜6月)の国内x86サーバ市場は、景気の低迷に伴う国内企業のIT投資抑制の影響を受けて大きく減少しており、出荷台数は対前年同期比25.8%減の9万3783台(速報値)となった。2008年第3四半期以降、マイナス成長に転じたままで、低迷傾向が継続的だ。

 市場占有率を見ると、NECが出荷台数では15.5%減ながら、シェアでは26.7%を獲得し、前年同期と変わらず1位となった。2位のHPは、27.0%減と大幅な出荷数の落ち込みを示したが、22.7%のシェアを獲得した。富士通は、15.3%を獲得し、前年同期の4位から浮上して3位となった。また、4位はDell、5位はIBMが続いている。

 上位5社は、前年同期比で全てマイナス2桁の成長となっており、中でも、Dellは43.6%減となり、トップのNECと、上位5社の中で比較的成長率の落ち込み幅が少ない富士通が、Dellからシェアを奪う形でそれぞれ伸張した。

 今後は、クラウドコンピューティングが浸透することで、多くのユーザーが部門サーバを持たなくなる可能性はあるが、一方で企企業内データセンターやデータセンター事業者でのサーバの需要は拡大する可能性もある。

「x86サーバ」シェア(2009年4〜6月) (出典:ガートナー ジャパン)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。