メディア
調査リポート
» 2010年07月06日 10時00分 公開

「レイヤ4-7スイッチ」シェア(2009年度)シェア情報アーカイブ

「レイヤ4-7スイッチ」の市場規模とシェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 アイ・ティ・アールの調べによれば、2009年度のレイヤ4-7スイッチ市場は、出荷金額が前年比5.9%増の90億円と微増にとどまった。インターネット・ショッピングに代表されるオンライン・サービス分野への導入は堅調だったものの、製造業をはじめ一般企業のIT投資の冷え込みによって相殺された。しかし、需要は徐々に高まりつつあり、2010年度は同10.0%増と回復基調を予想している。

 現在、ベンダーは複数の機能を統合し、製品の利用範囲の拡大を図ろうとしている。一方、ユーザー企業側はそれを期待していない傾向が強いとみられ、両者のギャップをいかに埋めていくことができるかが大きなポイントになるとみられる。

 2009年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、大規模システムにも対応できる技術力の高さから、市場の老舗であるF5ネットワークスが30.6%で1位を維持している。2位には、富士通が21.1%で続いている。

 7.8%で3位のラドウェアから、6.1%で4位のA10ネットワークス、5.6%で5位のCoyote Point Systems(国内販売元:ネットワールド)までの3社は比較的小差で並んでいる。

「レイヤ4-7スイッチ」シェア(2009年度) (出典:アイ・ティ・アール)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。