メディア
調査リポート
» 2010年09月14日 10時00分 公開

「国内PC」シェア(2010年度)シェア情報アーカイブ

2010年第2四半期の出荷台数が、前年同期比13.5%増の2桁成長を遂げた「国内PC」市場。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 IDC Japanの調べによれば、2010年第2四半期の国内クライアントPC出荷台数は、前年同期比13.5%増の366万台であった。2四半期連続で家庭/ビジネス市場ともに2桁成長を遂げ、PC市場が回復傾向にあることを示している。

 特に今四半期は、Office 2010が発売された時期にも重なり、家庭市場向け出荷台数は、前年同期比13.5%増の196万台だった。ビジネス市場は、前年同期比13.4%増、170万台であった。2010年第1四半期は中堅中小企業の買い替え需要が好調であったことに対して、今四半期は規模が大きい企業にも買い替え需要が波及し、第3四半期に向けた案件も増加傾向がうかがえる。

 2010年第2四半期の市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、富士通が17.6%を獲得し、NECを抜き1位になった。家庭市場ではオールインワンタイプ、ビジネス市場では官公庁向け出荷が好調であったことが寄与している。NECは、ビジネス市場向けでは中堅中小企業向け出荷が好調で1位を維持したが、家庭市場では富士通に抜かれ、総合で17.4%の2位となった。この2社は、ともに20%を超える高い対前年成長率を維持している。

 2010年第3四半期の見通しは、家庭市場は買い替えの需要が促進されプラス成長の維持が、またビジネス市場も大企業向けの案件が順調に積み上がり2桁成長が見込まれる。しかしその先は、円高や国際経済の不透明さなど不確定な要素がある。

「国内PC」シェア(2010年度) (出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。